2013年11月30日土曜日

Lesung mit Yoko Tawada


好きな作家の一人、
多和田葉子さんの朗読会@上智大学へ行ってきました。

多和田さんは大学卒業後にドイツに渡り、
以来30年間ドイツで暮らしている。
日本語とドイツ語の両方で小説や詩を書く、
バイリンガルな作家として有名です。

私と多和田さんの本との出会いは、
エクソフォニー 母語の外へ出る旅」(岩波書店 2003)から。
彼女のもつ言語感覚に強く惹かれました。

小説も好きだけど、日経新聞に連載されていたエッセイ、
「溶ける街透ける路」(日本経済新聞社 2007)が一番好き。

単行本にするとたった4ページの短いエッセイの中に、
それぞれの街の空気が凝縮されていて、
日差しの濃淡や、その季節の匂いまで感じられます。

もしや......と期待して、本も持参したけれど、
サインの時間はなく、残念。
早めに会場を出てしまったけど、実はあったのかな??

どんな方なのかとドキドキながら行ったら、
多和田さんは、想像していたより
ずっとかわいらしくて、
情熱的で、ユニークで、
好奇心いっぱいな人だった。
小柄な身体から、尽きないエネルギーが出ているよう。
それが場にも伝わって一体となったエネルギーに
会場が満ち満ちているのを感じました。


彼女の力強く優しく美しい声で語られる朗読は、
ドイツ語も日本語も、
とにかく素晴らしくて、
もっとずっと聴いていたかった。
久しぶりにドイツ語に浸れたことも嬉しかった。


後半の質疑応答の時間では、
ドイツ語と日本語が混ざりながら、
いろんな話題が出ました。

例えば。

日本語には、一人称を表現する言葉がたくさんあります。
わたし、わたくし、あたし、あたい、うち、ぼく、おれ、わし......
方言も入れればかなりの数になりそう。

でもドイツ語では、"Ich"のみ。
「とても開放的で、透明感があって、重みがない」
と多和田さんが表現していて、少し驚きました。

日本語では主語を抜かすことが多い。
だからIch(私は)とつけるのは、
私の日本語的感覚からしたら、「私は!」「私が!」と
とても自己主張しているように思えるはずだから。

でも、一人称の表現のバリエーションが多いということは、
「どれかを選択しなければいけない」ということである。
そして、どれかを選択すると、
当然その後の話し言葉や語尾もそれと連動して変わらざるを得ない。
また、一旦選択すると、途中で変更するのも違和感がある。
その点、「Ichは常にIchであり、
わたしはわたしのままでいられる」

また、
「小さいころ、『わたし』でも『ぼく』でもない時期があって、
どちらかを選ばなければいけないのが、嫌だった」
というエピソードも披露。


ドイツ語から日本語を見たり、
日本語からドイツ語を見たり。

日本では、多くの人が、母語は日本語のみ。
一旦母語の外へ出てみると、世界が広がる。

多和田さんは、そのおもしろさを
書く実験を通して伝えてくれる、
貴重な作家だと思います。

そして、
一つひとつの作品に込めた思いや背景を
作家本人から直接聞ける
この朗読やリーディングの場もまた、
とても貴重な機会でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿